ヒロカワのアイドルライブ参戦記

セットリスト記録ブログ(仮)

2020年2月23日 乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE ~DAY4~ レポート

最後に4日目です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

影アナ 佐藤、与田、向井

M.00 overture
M.01 シンクロニシティ (☆白石)
M.02 ロマンスのスタート
M.03 ロマンティックいか焼き
- MC1 -
M.04 白い雲にのって (1期生)
M.05 ライブ神 (2期生)
M.06 三番目の風 (3期生)
M.07 キスの手裏剣 (4期生)

M.08 ないものねだり (白石、松村)
M.09 自分のこと (北野、寺田)
M.10 もし君がいなければ (伊藤純、久保)
M.11 強がる蕾 (賀喜)

M.12 ワタボコリ (堀、北野、寺田、向井)
M.13 まあいいか? (秋元、白石)
M.14 頬杖をついては眠れない
(白石、高山、新内、秋元、和田)
M.15 地球が丸いなら
M.16 欲望のリインカーネーション (☆樋口)
M.17 誰かは味方 (☆岩本)
M.18 遥かなるブータン (☆山下)
M.19 のような存在 (白石、齋藤)
- MC2 -
M.20 渋谷ブルース (白石、高山、松村、向井)

M.21 失恋したら、顔を洗え!
(久保、伊藤純、中田、和田、齋藤)
M.22 滑走路 (☆寺田)
M.23 君が扇いでくれた (☆渡辺)
M.24 スカイダイビング
M.25 吐息のメソッド
M.26 僕がいる場所
M.27 羽根の記憶
- MC3 (新4期生お披露目) -
M.28 いつかできるから今日できる (☆齋藤、与田)
M.29 革命の馬
M.30 別れ際、もっと好きになる (☆堀)
M.31 魚たちのLOVE SONG
(白石、松村、高山、秋元)
M.32 せっかちなかたつむり
(白石、松村、高山、秋元、中田、梅澤、新内)
M.33 海流の島よ
(齋藤、樋口、和田、鈴木、渡辺、筒井、矢久保)
M.34 平行線 (大園、与田、阪口、岩本、久保)
M.35 未来の答え (3期生)
M.36 でこぴん (白石、松村、高山、秋元、新内)
M.37 あらかじめ語られるロマンス
(齋藤、星野、伊藤理、北野、向井、堀)
M.38 心のモノローグ (白石)
M.39 制服のマネキン (☆白石)
M.40 自由の彼方 (☆岩本)
M.41 ここにいる理由 (☆鈴木)
M.42 扇風機 (☆齋藤)
M.43 ガールズルール (☆白石)
M.44 空扉
- MC4 -
M.45 きっかけ (☆白石)
M.46 Sing Out! (☆齋藤)

EN.01 孤独な青空
EN.02 僕だけの光
EN.03 乃木坂の詩

EN.04 しあわせの保護色 (☆白石)
※25thシングル初披露

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

4日目、昨日と同じく上手のスタンド席から。
この日最も話題になった1つが卒業ソングメドレーだと思います。4曲とも卒業生と縁のあるメンバーが歌い継いでくれました。よくやった運営。特に橋本奈々未さんが好きだった自分にとって「ないものねだり」を白石麻衣さんと松村沙友理さんの2人で歌ってくれたことが本当に嬉しかったし、白石麻衣さんの卒業が控えていてもう2度と見られないであろうこのタイミングでそれを実現してくれたことが素晴らしい。この曲はグループの持ち曲の中で最も歌う人を選ぶ楽曲だと思います。今の乃木坂でこの2人以上はいません。まさにヲタクの願望を叶えてくれた感じです。最後に白石麻衣さんが「七」を、松村沙友理さんが「三」をそれぞれ手で表現してステージを去っていくシーンは涙腺を刺激されました。まさか2020年、令和になって「それでも御三家は永遠だから」というフレーズが沁みるなんて思ってなかったです。粋なことしてくれて本当にありがとう。なんとなく、この2人のステージを見ることによって自分の中で止まっていた、「ないものねだり」の時間が再び進み始めたような気がします。歌い継ぐべき人に、歴史を繋ぐことができる人にようやく受け継がれたというか、自分がようやく呪縛から解き放たれて成仏できたというか。この1曲だけでも生で見た価値が大いにあったと感じました。
また、この日は坂道研修生から4期生として配属されたメンバーの紹介と25thシングルの初披露がありました。当たり前ですが、グループの状況はどんどん変わっていきます。白石麻衣さんの卒業はどんどん迫っているし、この日お披露目された新4期生がこれからどんどん活躍してグループの大切な1部になっていくのでしょう。今の乃木坂は大きな転換期を迎えています。グループを牽引してきたレジェンドメンバーの卒業と新人の台頭。絶頂期の維持がどれほど難しいことなのかはこれまでの女性アイドルの歴史が証明しています。4日間ライブを見てグループが転換期を迎えているからこそのおもしろさや期待感を味わうことができました。だからこそ、今後の乃木坂が楽しみになりました。まだまだ注目すべきですよ、今の乃木坂は。

2020年2月22日 乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE ~DAY3~ レポート

前記事に続き2日目の記事です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

影アナ 松村、中田、和田、バナナマン

M.00 overture
M.01 インフルエンサー (☆白石、齋藤)
M.02 走れ!bicycle (☆星野)
M.03 シャキイズム
M.04 失いたくないから (1期生)
M.05 スカウトマン (2期生)
M.06 自分じゃない感じ (3期生)
M.07 図書室の君へ (4期生)
M.08 裸足でSummer
- MC1 -
M.09 大人への近道 (堀、北野、寺田、中田)
M.10 流星ディスコティック (白石、松村)
M.11 孤独兄弟 (白石、松村)
M.12 その先の出口
M.13 やさしさとは (☆松村)
M.14 私、起きる。
(星野、齋藤、堀、北野、樋口、和田)
M.15 憂鬱と風船ガム
(星野、大園、久保、秋元、渡辺、高山)
M.16 白米様 (松村、中田、寺田)
M.17 醜い私 (新内、梅澤、早川)
M.18 忘却と美学 (秋元、高山)
M.19 立ち直り中 (白石、松村、高山、秋元)
- MC2 -
M.20 ごめんね ずっと… (与田)
M.21 釣り堀 (伊藤純)
M.22 光合成希望 (高山)
M.23 ひとりよがり (高山、伊藤純、与田)
M.24 つづく (高山、伊藤純、与田)
M.25 もう少しの夢 (高山、伊藤純、与田)
- MC3 -
M.26 ブランコ (☆寺田)
M.27 涙がまだ悲しみだった頃 (☆伊藤理)
M.28 太陽に口説かれて
M.29 あんなに好きだったのに…
M.30 ひと夏の長さより…
M.31 何もできずにそばにいる
- MC4 -
M.32 気づいたら片想い (☆白石、松村)
M.33 遠回りの愛情 (中田、星野、齋藤)
M.34 不等号 (☆岩本)
M.35 あの教室 (齋藤、堀)
M.36 偶然を言い訳にして
(白石、松村、高山、新内)
M.37 無口なライオン (3期生、4期生)
M.38 君は僕と会わない方がよかったのかな
(樋口、和田、新内、伊藤純、渡辺、鈴木、山崎)
M.39 君に贈る花がない (堀、北野、寺田、中田)
M.40 意外BREAK (白石、松村、高山)
M.41 ポピパッパパー
M.42 世界で一番 孤独なLover
M.43 誰よりそばにいたい
M.44 日常 (☆北野)
M.45 春のメロディー
- MC5 -
M.46 女は一人じゃ眠れない
M.47 音が出ないギター
- MC6 -
M.48 帰り道は遠回りしたくなる (☆遠藤)
M.49 君の名は希望 (☆白石)

EN.01 オフショアガール
EN.02 Threefold choice
EN.03 人間という楽器

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

3日目、この日は上手のスタンド席から。
この日から白石麻衣さんが参戦ということで、さゆまい要素強めだったと感じました。「流星ディスコティック」→「孤独兄弟」は痺れました。4人で披露した「立ち直り中」は楽曲の雰囲気だけでなく頃安監督制作の映像もあって非常に切なかったです。
この日の見どころの1つは西野七瀬さんのソロ曲メドレーでしょうか。1曲目が与田祐希さんが担当する「ごめんね ずっと…」だったことが素晴らしい。「光合成希望」を去年に引き続き高山一実さんが担当してくれたことも良いなと思いました。また、伊藤純奈さんを含む3人でこのメドレーを担当したことは西野七瀬さんに対して今の乃木坂ができる最大限のリスペクトと配慮だと感じました。
本編終盤、「帰り道は遠回りしたくなる」でセンターに立った遠藤さくらちゃんが終始涙を堪えていたことが印象的でした。4期生はこれまでも、これからも1期生や2期生の"穴"を埋めていかないといかない存在です。月並みな言葉ですけど、頑張ってほしい。どれほど大きなものを背負わなくてはならないのか、10年くらいアイドルシーンを見てきてなんとなく分かるからこそ、4期生や、今後入ってくるであろう若手のみんなには頑張ってほしいのです。4日目に続きます。

2020年2月21日 乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE ~DAY2~ レポート

前記事に続き2日目の記事です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

影アナ 遠藤、柴田、清宮

M.00 overture
M.01 ジコチューで行こう!
M.02 そんなバカな…
M.03 会いたかったかもしれない
- MC1 -
M.04 心の薬 (1期生)
M.05 かき氷の片想い (2期生)
M.06 トキトキメキメキ (3期生)
M.07 4番目の光 (4期生)
- MC2 -
M.08 やさしさなら間に合ってる (☆高山)
M.09 僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
M.10 環状六号線
M.11 制服を脱いでサヨナラを (齋藤、星野)
M.12 時々 思い出してください (1期生)
M.13 ゴルゴンゾーラ (堀、北野、渡辺)
M.14 当たり障りのない話 (堀、北野、星野、井上)
M.15 急斜面 (☆松村、高山、新内)
M.16 空気感 (松村、高山、新内、吉田、梅澤)
M.17 口約束 (秋元、中田)
M.18 人生を考えたくなる (秋元、中田)

M.19 もうすぐ〜ザンビ伝説〜
M.20 その女
M.21 狼に口笛を
M.22 ありがちな恋愛 (☆齋藤)
M.23 サイコキネシスの可能性
M.24 傾斜する
M.25 泣いたっていいじゃないか? (☆高山)
- MC3 -
M.26 ハルジオンが咲く頃 (☆梅澤)
M.27 水玉模様
M.28 My rule (☆樋口)
M.29 失恋お掃除人 (堀、梅澤、山下、阪口)
M.30 他の星から
(岩本、中田、井上、久保、鈴木、筒井、
伊藤理)
M.31 硬い殻のように抱きしめたい (齋藤)
M.32 路面電車の街 (齋藤、堀、山下)
M.33 隙間 (井上、星野、樋口、和田、秋元、高山)
M.34 さゆりんご募集中 (松村、寺田、中田)
M.35 行くあてのない僕たち (堀、北野)
M.36 逃げ水 (☆大園、与田)
M.37 命は美しい (☆齋藤)
M.38 〜Do my best〜じゃ意味はない (☆岩本)
M.39 嫉妬の権利 (☆堀)
M.40 シークレットグラフィティー (☆樋口)
- MC4 -
M.41 太陽ノック
M.42 指望遠鏡
- MC5 -
M.43 悲しみの忘れ方
M.44 サヨナラの意味 (☆齋藤)

EN.01 左胸の勇気
EN.02 ごめんねスムージー
- MC6 -
EN.03 キャラバンは眠らない

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 2日目は人生初めての見切れ席から。全く期待していませんでしたが、メインステージ真横ですぐ前に花道とトロッコがあったのでメンバーは非常に近かったです。メインステージは真後ろのモニターを見ることでしか確認できませんでしたが。
冒頭の期別パートの「トキトキメキメキ」→「4番目の光」は夏のツアーでも1度見ていましたがやっぱり盛り上がります。「やさしさなら間に合っている」、「泣いたっていいじゃないか?」といった高山一実さんの曲が集中していたのもこの日でした。「泣いたっていいじゃないか?」はやはり名曲です。
「行くあてのない僕たち」に堀未央奈さんと北野日奈子さんを採用したことは大きな意味があると思いました。2期生の2人がこの曲を歌うとオリジナルとは違った解釈ができます。本当に人選が素晴らしい。意外だったのが「急斜面」と「空気感」が2日目に出たこと。白石麻衣さんがいる3日目以降の披露になると思ってましたが、松村沙友理さんがセンターに立って他のメンバーを引っ張っていました。
そして2日目は「ハルジオンが咲く頃」と「サヨナラの意味」が出ました。どちらもグループにとって大事な楽曲です。客席のサイリウムは相変わらず綺麗で、歌詞もパフォーマンスも美しくて。生で見ることができて良かったです。3日目に続きます。

2020年2月20日 乃木坂46 8th YEAR BIRTHDAY LIVE ~DAY1~ レポート

2/20から4日間かけてナゴヤドームで行われた乃木坂46のバスラへ行ってきました。1日ごとに分けて更新していきます。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

影アナ 堀、寺田、渡辺

M.00 overture
M.01 夜明けまで強がらなくてもいい (☆遠藤)
M.02 夏のFree&Easy (☆堀)
M.03 ハウス!
- MC1 -
M.04 Against (1期生)
M.05 ボーダー (2期生)
M.06 思い出ファースト (3期生)
M.07 Tender days (4期生)

M.08 あなたのために弾きたい (生田)
M.09 命の真実 (生田、高山)
M.10 新しい花粉
M.11 雲になればいい (生田、久保、伊藤純)
M.12 ぼっち党 (生田、久保)
M.13 ここじゃないどこか (生田、星野)
M.14 満月が消えた (生田、星野)
M.15 ショパンの嘘つき (生田、松村)
M.16 低体温のキス (生田)

M.17 知りたいこと (齋藤、星野、山下、与田)
M.18 謎の落書き (齋藤、星野、堀)
M.19 Am I loving? (北野、鈴木、星野、堀、渡辺)
M.20 告白の順番 (秋元、中田)
M.21 Rewindあの日 (遠藤、賀喜、筒井)
M.22 新しい世界 (☆鈴木)
M.23 風船は生きている (☆渡辺)
M.24 月の大きさ
M.25 ダンケシェーン
M.26 僕の思い込み
M.27 設定温度
- MC2 -
M.28 今、話したい誰かがいる (☆高山、新内)
M.29 曖昧 (生田、松村)
M.30 三角の空き地 (☆中田)
M.31 言霊砲 (与田、大園、山下、久保)
M.32 僕の衝動 (☆伊藤理)
M.33 二度目のキスから (秋元、渡辺、鈴木)
M.34 無表情 (生田、松村)
M.35 初恋の人を今でも (☆星野)
M.36 私のために 誰かのために (☆久保)
M.37 Another ghost (齋藤)
M.38 不眠症 (☆久保、山下)
M.39 バレッタ (☆堀)
M.40 アンダー (☆北野)
M.41 あの日僕は咄嗟に嘘をついた (☆井上)
M.42 自惚れビーチ (☆鈴木)

M.43 おいでシャンプー
M.44 13日の金曜日
M.45 転がった鐘を鳴らせ
M.46 僕のこと、知ってる?
M.47 何度目の青空か? (☆生田)

EN.01 人はなぜ走るのか?
EN.02 生まれたままで
EN.03 コウモリよ
EN.04 ぐるぐるカーテン

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 1日目は5階席ながらステージを中央から見ることのできる席でした。この目は文字通り生田絵梨花デーだったと思います。スケジュールの都合でこの日しかステージに立つことのできない生田絵梨花さんの実力を見せつけられました。本当にすごい。初日の冒頭に「Against」が採用されたことはびっくりしましたが、生田絵梨花さんと1,2日目しかステージに立つことができない井上小百合さんがいて、星野みなみさんと生田絵梨花さんでWセンターが組めるこの日しかタイミングが無かったのだと考えると自然なのかもしれません。女子高カルテットのようなオリメンが減ったユニットはそのまま、オリメンが消滅した「Rewindあの日」のような曲は後輩が引き継ぐという指針が明らかになった日でもありました。4期生の3人はあの大人っぽい曲をよく頑張りました。一方で、3人のユニット曲「Another ghost」を齋藤飛鳥さんがソロで演ったことはびっくりでした。2日目に続きます。

2020年1月18日 NGT48選抜メンバーコンサート~TDC選抜、合宿にて決定。初めての経験~ レポート

1/18に行われたNGT48の単独コンサートへ行ってきました。

2017年から3回連続参戦です。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

- 合宿の映像 -

M.00 overture

M.01 春はどこから来るのか?
M.02 心に太陽
M.03 Let's get "あと1センチ"
M.04 やさしさに甘えられない
M.05 Soft Serve
M.06 みどりと森の運動公園

- MC1 -
M.07 奇跡は間に合わない

         ☆藤崎未夢、荻野由佳、奈良未遥
M.08 履物と傘の物語

         小熊倫実、小越春花、角ゆりあ、富永夢有、西村菜那子、古舘葵
M.09 I'm sure

         中井りか西潟茉莉奈
M.10 ギンガムチェック

         ☆本間日陽清司麗菜安藤千伽奈、川越紗彩、小見山沙空

- MC2 -

M.11 暗闇求む

         小熊倫実、小越春花、角ゆりあ、富永夢有、奈良未遥西潟茉莉奈

         西村菜那子、藤崎未夢
M.12 君はどこにいる?

         荻野由佳、安藤千伽奈、川越紗彩、小見山沙空、清司麗菜中井りか

         古舘葵、本間日陽
M.13 僕の涙は流れない
M.14 友達でいましょう

- MC3 -

M.15 世界の人へ

         ☆荻野由佳、小熊倫実、川越紗彩、中井りか、奈良未発、西潟茉莉奈

         西村菜那子、藤崎未夢、本間日陽
M.16 泣きべそかくまで

         清司麗菜、角ゆりあ、安藤千伽奈、小越春花、小見山沙空、富永夢有、古舘葵
M.17 純情よろしく
M.18 青春時計

- 合宿の映像 -

M.19 UZA
M.20 Maxとき315号
- アンコール -
EN.01 夢を死なせるわけにいかない
EN.02 世界はどこまで青空なのか?
EN.03 ナニカガイル
EN.04 NGT48

 

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

新曲リリースが1年無く、オリジナルメンバーが全員揃った曲が1つもない現状でこれほどNGT48オリジナル楽曲を聴けるとは思ってませんでした。良い意味で予想を裏切られた。

ただ、コンサートの構成は解釈が非常に難しかった印象を受けました。合宿で出演メンバーを決定したことと、そのメンバーで作り上げたコンサートはある程度独立したものであるべきはずなのに、コンサート中は長尺の映像とステージパフォーマンスが行ったり来たりで統一性が無い、合宿という文脈を過度に取り入れてしまったことで、合宿を見せたかったのか、ステージを見せたかったのか伝わり切らない、ブレた構成だったと思います。このセットリストなら"合宿の成果"を見せるために在籍メンバー全員出演してコンサートを行っても良かったかもしれません。出演していたメンバーも歌唱曲のオリジナルでないポジションで歌っていたり歌っていなかったり、一貫性が無かったことも気になりました。あれは特別な意味があったのでしょうか。

また、今までの活動を全否定するようなストーリーの描かれ方がなされていたように感じたことにも落胆しました。初お披露目から4年間のキャリアで日本武道館朱鷺メッセも満員にしました。それくらいの動員力のある、ファンを抱えるまで成長した、それくらいの魅力が当時にもあったことは間違いありません。初お披露目の頃からグループの活動を追う中で魅力を感じた瞬間、楽しいと感じる瞬間は数えきれないほどありました。サステナブルなグループアイドルプロジェクトとは持続的にキャリアを積み重ねていくことであり、過去を否定することではないと思うのです。

ビジネスとして成立することが大前提であるとしても、アイドルは演出家やトレーナーさんのためだけのものではありません。彼らの自己満足に終始してしまうコンサートは良質なコンテンツとは言えません。グループの現状を踏まえればコンサートができるだけで幸せなことかもしれませんが、もうちょっと客席の方を向いて、ファン目線でコンサートを作り上げてほしかったなぁ。。。

2020年1月11日 「PARTYが始まるよ」公演レポート

1/11のPARTYが始まるよ公演を見に行ってきました。

昨年中止になった公演の振り替え当選というかたちです。

この日は諸橋姫向ちゃんの生誕祭でした。

この公演から1年ぶりに生誕祭が再開されました。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

M.00 overture
M.01 PARTYが始まるよ
M.02 Dear my teacher
M.03 毒リンゴを食べさせて
M.04 NGT48
- 自己紹介MC -

M.05 スカート、ひらり
        小越春花、小見山沙空、諸橋姫向、對馬優菜子、藤崎未夢
M.06 クラスメイト
        大塚七海、古舘葵、安藤千伽奈、寺田陽菜
M.07 あなたとクリスマスイブ
         古澤愛、諸橋姫向
M.08 キスはだめよ
         高橋七実、富永夢有、真下華穂
M.09 星の温度
         佐藤海里、川越紗彩、加藤美南、曽我部優芽
- MC -

M.10 桜の花びらたち
- MC -

M.11 青空のそばにいて
- アンコール -

EN.01 NGT48
EN.02 みどりと森の運動公園 (☆對馬)
EN.03 世界はどこまで青空なのか? (☆諸橋)
EN.04 今日は負けでもいい (☆安藤)
- 諸橋姫向生誕祭 -

EN.05 Maxとき315号 (☆藤崎)

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

良い生誕祭でした。彼女にとっても、そして多くの研究生にとって初めての生誕祭だったようですが、それがこんなに素晴らしく微笑ましいもので良かったと思います。ビンゴ抽選5順で3列目上手寄りの赤席に座ることができたので景色も良好でした。

 

 

2019年11月30日 日向坂46 Xmas SPECIAL LIVE 2019 at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN レポート

11/30にユニバーサルスタジオジャパンで行われたクリスマスライブへ行ってきました。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

M.00 overture
M.01 キュン
M.02 ハッピーオーラ
- MC1 -
M.03 こんなに好きになっちゃっていいの?
M.04 My god (1期生)
M.05 Dash&Rush (2期、3期生)
- MC2 -
M.06 ドレミソラシド
M.07 キツネ
M.08 NO WAR in the future
M.09 JOYFUL LOVE

EN.01 キュン (セサミストリートのキャラクターと)

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

Dブロックということで視界が悪いことを覚悟していましたが、会場がそこまで広くなかったためしっかりステージが見えました。インフルエンザでベストアーティスト欠席だった東村芽依さんも無事に復活し、活動してるメンバー全員でステージに立てたステージが見れてよかったです。キャラクターの着ぐるみと一緒に踊るライブはユニバならではのもので、3年前のAKB48のサマーライブを思い出しました。